ひやひやしたわ(汗)

さるかに合戦、カニの子供がサルの尻尾切断とかやった挙げ句に殺すとか。あと栗と牛の糞の自己犠牲は忘れない。金太郎は領主にスカウトされて坂田金時という侍になったはず。おかしいぞ、アニメや漫画が好きならわかりそうなのに('ε'*)分からないのは狼と少年…羊を食われて酷く叱られたとうちの本にはあったが…頼光四天王として活躍する←金太郎さるかに合戦のサルは、カニの御一家から傷害罪で訴えられてたり、桃太郎の家来になってたり、かちかち山のうさぎに、ぶんぶく茶釜の狸が打ちのめされてたり、なんかそういうイメージしかなくなった。金太郎はサラリーマンやってなかったか?親指姫の結末知らん。つか大概の昔話は悪役が無惨な死を遂げるか主人公が悲運のままよな…金太郎の息子の1人が金平でキンピラごぼうとかのキンピラはこいつから名前とってる。これ豆な…いや、ごぼうな(錯乱●人間社会の1つのサンプルが…童話の始まりと結末だ。以下に ちょっと書いてみますね。φ(..) ←●

成岡 芳輝と高嵜 宗雄のもしもの話



もう少しです!!!!

子供の頃から思ってたけど、『さるかに』は最後寄ってたかって猿がこらしめられて可哀想。栗も蜂も臼も、猿に意地悪された訳ではないのに。確かに、「金太郎」のお話そのものはよくわからない。そこを突いたCM作れないかしら、uさま。「ジャックと豆の木」はわかる、ジャックが巨人を駆逐するんですよね、立体機動装置使って。ここに出てる全ての結末を激辛バージョンで読んで覚えてます。『鬼灯の冷徹』でも書いてたけど、因果応報を、ふんわりハッピーに変えちゃアカン!「もりながしんのう」かな?童話集にホンの数ページだけのお話があったが「なぜ戦になったのか」「なぜ追われているのか」「なぜ助からないといけないのか」が思い出せない。かな書きだったけど多分護良親王だよね・・・再確認の為に読んでみようサルカニは結末がかわって、猿と蟹が和解して終わる。くそで滑って石臼が落ちて猿が死なない俺の世代はまだ正しい【インガオホー】なマッポーめいた『サツバツ!』なエンディングのバージョンだったな。

殿塚 征二と所谷 明俊の公式ブログ



?今のはなんだ?

大体わかんないわー。かちかち山って泥舟にのったタヌキ?が沈んで死ぬか溺れるか、で、やったー!みたいな?途中でお婆さん鍋食べちゃうのかちかち山だったような。「ジャックと豆まき」に笑った。どんなお話なんだか。童話や昔話は、最近特に甘口or説教系への改変が多いので、なんだかなーと思う。タイトルは全部知ってるけれど、金太郎以外読んだこと無い事実に気づき驚く。結構本読んでるのになぁ?10代の頃は年間100冊は読んでたのに....。なぜだ??すまぬ、これらみんな小学生の頃読んだのだが「やるもやり返すも{どこがめでたしめでたし}なんだ?」って思ってちっともいい話に思えなかったのだが金太郎はサラリーマンになったんだお( ´∀`)近年の小学校では童話やお伽噺の結末を勝手に変えて子供たちに教えているらしい。それは良くないと私は思う。ヒミツのアッコちゃんの最終回はなかなか良かった。人前で変身するところを見られたらいけない約束なのに、たしか三つ編みの友達の命を救うために人前でコンパクト出して変身してしまうんだよね。

猪岡 充博と官野 勝信のゆるふわライフ



音がしますね。

因果応報、自業自得で残酷な昔話。私は好きです。金太郎、「まさかり担いだ金太郎~♪」の童謡でしか話は知らないや。成長して名を坂田金時と改め 都に上り、源頼光の下 四天王として妖怪退治するんだよね。かちかち山とかサルかに合戦って、結末が今風になったんでしたっけ。仲良くなる、みたいな。童話じゃないけど。妹に「そういやロミオとジュリエットてどんな話?」てと聞かれて、あらすじ話したら「あなたばかりなぜロミオなの?以降の話した人初めてw」と言われた。金太郎はわからないなぁ。力持ちで熊と相撲してたって事ぐらいだな(笑)子供の頃人魚姫のラストが衝撃的でした。今は何でもハッピーエンド化してるけど 悲劇や理不尽の因果応報のような負の世界を体験できるのも物語の役割の一つ。保育園の発表会での北風と太陽。太陽の力でコートを脱いだ旅人が言いました。「暑くなってきたから北風さん、吹いて涼しくしてください」敗者を出さない気持ち悪い心遣い。

好村 達弘と向田 章人の雑記



明日も宜しくお願いします。

これが金太郎や。逆に「耳なし芳一」とか「ちびくろサンボ」あたりは結末しか思い出せない人多そう(笑)「鬼」が略奪した文化遺産の行方を追い、奪還と返還の作戦に従事した美術の専門家チーム…「モニュメンツ桃太郎」パンを踏んだ娘。池に落ちたあとどうなったんだっけ…ググればわかるんだろうけどえ 金太郎に鬼って出てくるんや クマさんたちと仲良く遊ぶ話じゃないの Σ(゜Д゜) 浦島太郎が鳥になるのは知ってたけどなぁ(^o^;)『金の斧 銀の斧』で嘘泣きしてバレた爺さんはあの後どうなったんだっけ。わざとらしく投げた斧が神様の頭の命中してしまったというツービートの話が強烈で… 思いだせない。「赤ずきん」と「七匹の子やぎ」のラストが、どっちがどっちだかよく解らなくない。ぶんぶく茶釜、踊って終わりって…ww動く茶釜を和尚さんが気味悪がり売り払った先の古道具屋に狸(茶釜)が厚い恩を受け、そのお返しに綱渡りの芸を見せお金持ちになったは良いが結局病気で死んでしまい、古道具屋は……改悪か改善か、私らおばちゃん世代が知ってる童話だって原話より柔らかくなってるし。

度会 高雄と中水 光希の生活ブログ



質問があります!

是非メストの罰ゲームかホットギミックに出演を…!見ました。撮影はできなかったけどインパクトは凄かった。この人慣れてくると可愛く見えてくるから怖いw春麗さんのふとももの再現度パネェwwwこれはプロの犯行ww下半身がまんま春麗で笑うwwwつまりリアル♀で春麗完全再現はできないね、分かった。どっちかといえばザンギュラ…もといザンギェフだろ!浦島太郎じゃないの?あの後は仙人になって、鶴に姿を変えて中国の蓬莱山で亀と華燭の典をあげ、動物界の神様になったんだよ。知ってた?かちかち山はじじいがばば汁食ったシーンがトラウマ。タヌキは3回くらい車でハネ飛ばしたから仇はとったゾ!金太郎→第一部完 一寸法師→没個性 かちかち→大体騙される奴が悪い おやゆび→モグラより妖精王子 さるかに→インガオホー ジャック→豆要素ほぼ無し 茶釜→もう戻れない ヘンゼル→デブ グレーテル→計画殺人結局正解はなんなのよ!←書いてあると期待した鬼を倒す人外の力手に入れてしまい恐れられた故心を閉ざしてしまい自ら鬼になってしまう(・ω・)

雫 優二 と浦尾 拓治のライフスタイル



よしがんばった

ぎゃ~!かわいい!なんで髭おっさんなのにかわいいんだろう…表情とか、文章の雰囲気とか…東ホールでこの人とすれ違ったぞ。すごいヒゲ面だったから覚えてる。太股の再現度の高さw 下半身だけなら歴代コスプレの中でも最も似てるんじゃない?このごつさでヒゲもあるのに画像に対してあまり嫌悪感を抱かないのがすごいな今日の帰りにコスプレ広場を上からのぞいたら、やけにゴツい春麗が居たけどこの人かwwwwwwwwwwwザンギエフ出来そうって書こうと思ったらもう書かれてたw わしの足より引き締まって綺麗だ(吐血)レビちゃん来てたのかっ!見に行けばよかった。(・ω・)明日も来るかな?本文末の注意書き、ちゃんとマナーや配慮を心得てる参加者です。思い切り楽しんでほしいね、コミケを。チュンリーコスなのに、顔半分がザンギエフって言う絶妙なバランス(何この前スッキリに出演してたなぁwマジ顔美人なんだけどヒゲが・・・wあのヒゲが無ければ相当な美人だと思うよwこの人、髭剃って化粧したら普通に美人さんになると思うBP99999くらいありそうな豪の春麗…!

 

種子田 奨と富所 博基の日記